山上 庚申さん

写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん 写真:山上 庚申さん

真鍮の開祖として「庚申さん」と銅業関係者や地元の人々に親しみを持って呼ばれている庚申山広徳寺です。

庚申山麓に籐左衛門という貧農が住んでおり、生計が苦しく郷を離れる決心をしたが、本尊を深く信仰していたのでおすがりする決心をし、文禄2年(1593)正月廣徳寺にこもり、断食し家運の隆盛を祈願したところ、 17日の満願の夜、銅に亜鉛を混ぜる合金の法を伝授された。慶長4年(1599)籐左衛門は京都に上がり、冶工となってその鋳法を試みた処、黄金色の光沢をした合金を得ることに成功しました。これが我国における真鍮精練の始まりと言われます。
爾来、その業は大いに繁栄し、財を成した籐左衛門は、元和2年(1616)謝恩のため堂宇を再建しました。これより本尊を我国真鍮の祖神として崇敬し、日本各地から参拝者が後を絶えません。

2013年4月22日に漏電による火災で本殿が焼失しました。2年が過ぎた平成27年(2015)に山上区内で本堂再建について話し合いを始めました。 また、伸銅関係団体の皆様方とも話をさせていただきながら、平成28年(2016)に再建に向けて動き出しました。
各方面の大変多くの皆様から多大な篤志、ご賛同、ご結縁をいただき、平成29年(2017)3月末に廣徳寺本堂の再建復興をさせていただくことができました。

銘板建立

初護摩祭と銘板建立お披露目をおこないました。

平成30(2018)年1月21日(日曜日)に、
庚申山山頂 廣徳寺におきまして
初護摩祭と名盤建立のお披露目をおこないました。

銘板の除幕は、4名の方々でおこなっていただきました。
各位・皆様の篤志・ご寄進は、お名前、ご寄進の額を印し、しっかり名盤に刻み永く記念いたします。
除幕後からお越しいただいた方々はご自身の名前を探し、記念の写真を撮っておられる光景が印象的でした。
引き続き、庚申さん恒例の初護摩祭を執り行いました。

銘板に記された方々のお名前はこちらです。


山上 庚申さん

写真:由 緒

由 来

庚申山麓に住んでいた籐左衛門が、黄金色の光沢をした合金を得ることに成功しました。 これが我国における真鍮精練の始まりと言われます。

写真:主な行事

主な行事

年間の行事。
申年の行事。
庚申年の行事。
のご案内

写真:本堂再建復興

本堂再建復興

消失した本堂の再建復興に関する情報。
・趣意書
・設計図
・スケジュール

写真:庚申さん録

庚申さん録

庚申さんの四季の移ろいや、行事、本堂再建復興に向けての活動内容、地元の話題など日々の動きについての記録です。


写真:甦れ「秋色の庚申」復興プラン

「秋色の庚申」復興プラン

より多くの方々に庚申さんに親しんでいただきたいとの思いから、甦れ「秋色の庚申」復興プランを策定しました。


写真:勧進帳

本堂再建復興勧進帳

庚申山再建復興事業懇志勧募について(お願い)と庚申山廣徳寺本堂再建復興に係る篤志勧進帳のPDF版をダウロードしていただけます。


写真:リーフレット

リーフレット

庚申山再建復興事業懇志勧募についてのリーフレットのPDF版をダウロードしていただけます。


写真:図面

施工図面

本堂の図面(PDF)をご覧いただけます。